何時まで経っても子供は子供

f:id:happy44:20210621105457p:plain

台所に、お菓子のひよ子が置いてあるのを見つけた。

来客用のお菓子だそうだ。

rpx.a8.net


子供は、いつまで経っても子供なのだと思う。 

先般、久々に子供が一人でやって来た。

いつもは、孫が一緒で、ほとんど会話ができないのだが、今回は、滞在時間は15分程度と短かったものの、話が出来て、妻がとてもうれしそうであった。

事前に、訪問の連絡があったので、お茶うけにお菓子を買って待っていたようだ。

自分との扱いの差にとても驚いたのだが、どこの家もこんなものだろう。 

子供の方は、特別な感じもなく、淡々と要件を伝えて帰って行ったが、妻の機嫌がすこぶる良く、暫く自分への風当たりも穏やかで助かった。

 

よく孫が可愛いと聞くが、孫と子供では違う。やはり、子供の方が可愛いのだと思う。

 

昨日、子供からメールで連絡があった。以前に頼んでいた書類を、近々取りに来るという内容を、妻に伝えると、何時?ときかれた。

近々というのだから、分からないと答えた。 

自分は、特に問題もなく元気な様子であり、子供が都合の良い時に家に寄るのだと理解し、折をみて行けそうになったら、直前に連絡のうえ寄るつもりなのだと考えていた。

しかし、妻にとっては、何月何日何時頃に来ることを予め把握しておかなければ困るらしく、折角来るのだから、それなりにもてなししたいし、子供ともいろいろ話をしたい様子だった。

 

台所をみると、お菓子が置いてあった。

これなに?と聞くと、来客用とのこと。

勿論、子供用だと思ったが、結局、何時来るか聞いたが、はっきりしないままだなので、それ以上は、アンタッチャブルだ。

予め、何かのときのために調達保管していたのを、出してきたのだろう。

その中に、ひよ子を発見した。

自分は長い間東京名物と思っていたのだが、元々は、福岡のお菓子ということを、誰かに教えてもらった。

だが、自分にとっては、福岡であろうが、東京であろうが美味しいからどちらでも良い。そして、ひよ子が自分の胃に収まることは、おそらくない。