B型のベビーカーを買う

f:id:happy44:20210704135947p:plain

ベビーカーは大きく分けてA型、B型の2種類あるが、1歳の孫を近くの公園まで運ぶのが主な利用目的であり、リクライニングなどの機能は不要であるほか、使用頻度も然程多くないことから、価格が抑えられているB型からチョイス。

 

ベビーカーを調達することとした理由

孫は家の中で走りまくって叱られているが、まだまだ足取りが確りしているとはいえず、さすがに時間をかけて公園まで歩かせる訳にもいかない。

抱っこして連れていくことも可能だが、時間帯にもよるが、お昼頃になるとどうも眠たくなるようなので、ベビーカーを調達することとした。

なんといっても長時間の抱っこは、こちらの腰が持たない。

 

購入候補は3つ

軽量であること、場所をとらないこと、折りたたみやすいことに加え、価格をポイントに、候補を3つに絞り込み、お店に行って現物を見て判断することとした。

いずれも7か月から3歳となっており、利用期間を考えても問題はない。

Jeep スポーツリミテッド

4WDカーの老舗ジープブランドが、クルマ好きの心をくすぐる。

大きなタイヤが段差を越える時などに、良いように思えたが、サスペンション機能というものは、子供を乗せて試していないので、よくは分からなかった。

高評価ポイント:たんだ状態で自立できることと、折りたたむ際のレバー操作が、足でも行いやすいように工夫がされていた。

rpx.a8.net

 

Iベビーマイクロベビーカープラス 

ショルダーストラップ付で持ち運びは楽だとは思うが、重量が5.3kgあり、長時間持つのは厳しそう。

高評価ポイント:ワンタッチで簡単に折りたたみが出来ることと、コンパクトに折りためて自立できる点に惹かれた。
rpx.a8.net

 

バギーFANロングプラス

グッドデザイン賞を受賞しており、価格相応でチープ感はない。たたんだ状態で自立できないのが残念。

高評価ポイント:重量が4.2kgと3台中最軽量であること。

rpx.a8.net

購入したベビーカー

購入したのは、西松屋のバギーFANロングプラス。

決め手となったのは、軽さと座面のサイズ。

軽すぎると、安定感がなく押し難いと感じるられるが、孫は、年齢での平均的な体型よりも相当にデカいため、ベビーカー自体は軽い方がよい。

また、現物をみると座面の大きさが微妙に異なり、若干ではあるが、バギーFANロングプラスがいちばん大きく広いと感じられた。

バギーFANロングプラスは、Jeep スポーツリミテッドやIベビーマイクロベビーカープラスに比べ自立できないことが、とても気になったが、子供の体型、成長力および利用目的、頻度等を総合的に判断した。