若ければ東京がいいけど

f:id:happy44:20210712115134p:plain

コロナ感染などリスクは高いが、東京は、やはり刺激的な街である。野望や野心があるうちは東京に住んでいたい。

東京が無理でも、埼玉、千葉、神奈川あたりで、東京に出るのが便利な街がよい。

ただ、東京は人が多過ぎるのがよろしくない。満員電車は、最低だ。

しかしそれでも、東京は魅力的な街だといえる。

音楽イベントやミュージカル、バレエと、地方に住んでいたら、せいぜいTVで見ることしか出来ない世界(TVでも見れないだろう)が、お金さえ出せれば、すぐ届くところにある。

現在は、コロナでそういった文化や芸術に簡単には、触れることは出来ないが、いずれは元に戻るであろうし、街がおしゃれで、気分を高めてくれる。

 

理想の生活パターン

理想は家を二つ持つ。

交通網が整備されていても、通痛の時間は極力少ない方が良いので、仕事場に近いところで生活し、週末には、郊外でゆっくり過ごす。

23区以外であれば、そこそこ自然はいっぱいある。埼玉、千葉、神奈川においては、自然と共生しているというのは、言い過ぎだが、少し離れると、自然に接することは十分可能だ。

ミュージカルなどはだいたい都内で行われるので、電車1本で都内へ行けるようなところに住んでいたい。そして、イベントのある日は、都内で過ごすのも良い。

まあ、現実には、家を1つ借りるので精いっぱいだろうけど。

 

問題はお金

食費は、頑張って節約することは出来るが、住居費用や交通費を節約することが厳しい。

交通の便利な土地は家賃が高いし、移動するための交通費も、それなりにかかってしまう。

鉄道オタクくらい詳しくなれば、節約できるのかも知れないが、乗り換えは、便利なルートを使うであろうから、高くなる。

ちょっとの差だが、塵も積もれば山となり、意外に懐に響くものだ。

まあ、節約し過ぎて、何も楽しめなくなってしまったら、東京に固執する必要なないが。

 

 もう若くはない

野心も野望も情熱もないし、肉体的な衰えも出ている。

こうなってしまっては、東京は辛い。

とにかく、人が多過ぎる。人の多さにうんざりする。

通痛電車は、本当に人間が乗る乗り物なのだろうか、定員以上に乗っているだろう。

クルマで移動しようとすると、自転車のほうが早かったりする。普通じゃ考えられない。

ああ、愚痴っぽい、年を取ったと感じる筈だ。 

もしもアフィリエイト A8.net

今週のお題「住みたい場所」