自動車運転も気配りが大事

f:id:happy44:20210529202958p:plain

 

残念ながら、人間とは、勝手な生き物で自分の都合の良いように行動してしまうようであり、現代社会においては、監視カメラやドライブレコーダーは必須アイテムだ。

人を傷つけないことは勿論であるが、身を守る運転ということを意識しないとダメだ。

そのためには、危険回避能力を磨く。すなわち、気配り出来る人間になること⁈

 

サトルナカジマが言ってたこと

先日TVのニュースで見た追突事故では、乗用車がトラックの間に挟まれ潰れていた。

乗用車が渋滞最後尾でハザード点灯していたかどうかは分からないが、大昔にサトルナカジマが、高速道路で渋滞に遭遇した時には、ハザードランプの点滅により、追突されないよう、後続車に注意を促すという話していたことを、ふと思い出した。

サトルナカジマは、レース以外でも、常に周囲の状況に気を配る運転をいつどんな所でも徹底しているようだ。自分の技量に応じた、安全な運転。

一度だけ、トヨタのイベントで、プロドライバーの運転する車の助手席でサーキット走行を体験したことがあるが、全く怖くはなかった。きちんと、コースの状況や車の状態を見極めコントロールして運転していたからだと思う。

本当は、怖い思いをするくらいの方が、イベントとしては面白かったのかもしれないが・・・。

一般人は、プロのレーシングドライバーのように超高速スピードで運転することはないが、サトルナカジマは、サーキットより一般道路の方が、危険だと言っていたと記憶している。

理由は、一般道の方が色々なドライバーがいて、どんな行動するか分からないからだったと思う。

 

マンション敷地内であっても安全ではない

自分のマンションの敷地内には、歩道がある。一方で、自動車も駐車のために通るが、敷地内には、制限速度の表示はない。

だからといって、人が歩いている横を、徐行とはいえないような速度で走行するドライバーがいる。

通行人がコケて倒れたらと考えることが出来ないらしい。

自分の都合だけで、周りが見えていないドライバーが多い。

マンション内の歩道といえども、安心はできないので、危険の少ないところを探して歩かなければ危険だ。

また、マンション内で、自動車の物損事故も度々起きているようだ。よく確認しないからなのか、初心者なのかわからないが、停車中の車に当てているようだ。

敷地内での動いている車同士の衝突事故ではないのがせめてもの救いだ。

 

だろう運転

住宅街の細い道路では、曲がり角に一時停止の標識がないところが沢山ある。

一時停止の標識がないからといって、徐行せずに走っては、危険な筈であるが、そんなことお構いなしに走るドライバーの多いことには辟易する。

このような、無作法者にぶつけられては、面倒であり、場合によっては、命を落とす可能性だってある。

現代社会においては、ドライブレコーダーが必須アイテムとなったのは、甚だ残念であるが、身を守るためには仕方がない。 

ついつい、イラっとしてしまうが、事故を起こさないためにも、自分の方が正しいと考えるのではなく、いつどんな状況に遭遇しても、危険回避できるような運転を心がけするほかはない。

 

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

ネットで購入、オートバックス店舗で取付OK【タイヤフッド】

★月額110円~/容量最大1TB/機能満載! ロリポップレンタルサーバー ★ ★月額110円~/容量最大1TB/機能満載! ロリポップレンタルサーバー ★

がんばる個人のための「もしもアフィリエイト」