お盆です

f:id:happy44:20210814143417p:plain

お盆ですが、競馬には関係ありません。

今日から、札幌競馬場で競馬がはじまりました。

 

札幌競馬場

札幌記念に出走するゴールドシップを見に行ったことがあります。

同じレースにハープスターも出走したので、相乗効果もあって、当時、およそ46,000人が押し寄せ、本当に身動きできない状態でした。

レースの方は、ゴールドシップは、凱旋門賞挑戦前の調整ということで、2着という結果でしたが、生でゴールドシップをみれた満足感でいっぱいの1日でした。

来週末には、第57回札幌記念が行われソダシが勝つ予定です。

そこそこのメンバーが揃っており、非常に楽しみです。

平時であれば、ルンルンと出かけたところですが、コロナのため、入場制限があり、事前にインターネットで指定席の購入者のみだそうです。

ソダシの応援はTVですることになりそうです。

 

ギャロップダイナ

札幌競馬場といえば、忘れてはならないギャロップダイナ。

ギャロップダイナにとって、札幌は相性が良く4戦3勝(中止が札幌日経賞)。そして、ギャロップダイナを一躍有名にしたのが、85年札幌日経賞 での空馬1着入線です。

まさにギャロップダイナは、夏男だったようです。

 

夏女ソニア

一方、夏女というと、80年代の化粧品のコマーシャルソングの夏女ソニア思い出します。

夏女ソニアのCMのように女性の水着姿を映すCMは、時代にマッチしないようで、このところ、あまり目にしませんが、音楽は、時代を巡るのでしょうか、80年代の渡辺真知子のヒット曲、唇よ熱く君を語れをカバーしたCMが昨年話題になりました。

歌は世につれ、世は歌につれ、時代を超えて語り継ぎたい歌があるのとおり、渡辺真知子さんの唇よ熱く君を語れも語り継がれるのでしょうか。


ドライブにはフォグランプ

 

お盆で思い出す歌があります。

私のお墓の前で泣かないでください わたしはそこにいません という歌詞で始まるあの歌です。 

この曲は、北海道の大沼で誕生したそうで大沼国定公園に、モニュメントが設置されています。

とてもよい歌ですが、自分はこの最初の歌詞が、なぜだかとても気になって仕方がありません。