カーリング女子日本代表決定戦が熱い

f:id:happy44:20210912135754p:plain

スポーツは筋書きのないドラマであり、東京オリンピックでは、スポーツの素晴らしさを改めて認識することができた。

そんな余韻の残る中、北海道銀行VSロコ・ソラーレの北京オリンピック代表決定戦が熱い。

各チームのHPは、こちら ↓↓↓↓↓↓

女子カーリングチーム 北海道銀行フォルティウス オフィシャルサイト (fortius.jp)

ロコソラーレ (locosolare.jp)

代表決定戦に勝っても、北京オリンピックに出場できる訳ではなく、12月にオランダで行われる最終予選で3位以内に入る必要がある。

日本代表決定戦は、5戦行い3勝したチームが代表となるのだが、9/11日までに、北海道銀行が2勝1敗で、大手をかけ、9/12日の10:00からの試合に臨んだが、ロコ・ソラーレが地力を発揮し、2勝2敗に持込んだ。

第5戦は、NHKBS1で、18:00から放送される。

出来れば、ミスのない形での熱戦に期待したい。

 

傍から見ていると、簡単そうに見えるカーリングであるが、相当にハードかつ繊細なスポーツのようである。

ちょっとの、力加減やストーンのリリースポイントのズレのほか、ストーンの滑り具合を読む力など、選手の経験年数をみると、大変そうである。

最後に投げるスキップのプレッシャーは、計り知れないが、TV放送では、アップで選手の顔を映し出してくれるので、こちらにまで緊張感が伝わってくる。

また、スイープと呼ばれる氷を磨いてストーンの進む方向を調整する力仕事が、みていて面白い。

スイープは、女子よりも男子の試合の方が、見ごたえがあるが、北海道銀行の近江谷、小野寺選手およびロコ・ソラーレの吉田、鈴木選手のお掃除も楽しめる。

最近は、カーリングのユニフォームも華やかで大変よろしい。

北海道銀行は、それまで銀行のお堅いイメージそのままのユニフォームでそれもありだったとは思うが、今シーズンのユニフォームは、カラフルで選手が明るく映えるのでいい。

また、戦略を練る時の音声を流してくれるのも、非常に面白い。

2021/2月に行われたカーリング日本選手権で、常呂ジュニアが大活躍したが、彼らの会話は、高校生らしく忌憚なく意見をぶつけ合っていたのがとても印象的でだった。

北海道銀行とロコ・ソラーレの音声は、大人の会話であるが、方言丸出しなところもありイイ。

週一のお楽しみ青天を衝けを録画し、18:00からの生放送に備える。