レフ電球の予備を購入

f:id:happy44:20210927155057p:plain

わが家には、レフ電球が数か所使われている。

使用頻度によるが、台所と洗面所のレフ電球が切れやすいようだ。

先日、台所のレフ電球が切れて交換したため、予備のレフ電球がない状態であった。

妻が、レフ電球を購入しようとスーパーへ2店舗ほど寄ったが売っていなかったというので、日課の散歩のついでに、別のスーパーまたは電気店でレフ電球を2個購入してくるよう依頼された。

出かける直前に、何処で買うのかを聞かれたので、電気店に行くと伝えたところ、LEDの電球でもよいので2個購入してくるように指示が若干変化した。

この場合、LEDの電球でもよいとの指示であるが、レフ電球を購入してくると大問題になる可能性があると思えた。このため、LEDの電球を絶対買う必要があった。

正直、レフ電球に替わるLEDの電球が売っているのかどうかよくわからなかったが、急いで、電気店に向かった。

店内でレフ電球を探していると、幸いなことに、レフ電球をLEDに替えませんかというPOP広告があった。

広告を見て該当すると思われるLED電球を2個購入して帰ってきた。

帰ると早々にLED電球はあったかと尋ねられ、試しに点けてみたところ問題なく点灯した。

このまま、交換するものと思っていたら、予備として保管するので、元の箱に戻すようにいわれた。折角、買ってきたのだから、交換すればいいとは思ったが、口には出せなかった。

LED電球の値段を気にしていないようだったので、余計なお世話であったが、お知らせしたら、ネットで買えば良かったいう。

お安いのなら、予備を追加で購入しておきますかと尋ねると、2個追加と指示があった。

LED電球の価格は、ネットで調べていたようであり、また、追加が2個であったのは、台所と洗面所で4個の計算のようだ。

それ以外の場所は、電球が切れる頻度が少ないので、レフ電球で良いとの考えらしい。

忖度は苦手なので、言われるがまま、何も足さない何も引かないサントリーのCMを思い出した。