チャレンジしたハンカチ王子

f:id:happy44:20211001144213p:plain

北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手の今季限りでの引退が発表された。

2006年甲子園を沸かせたハンカチ王子も、プロ野球では、華々しい活躍のないまま引退となってしまった。

2軍に落ちてもニュースになり、引退報道もされるのであるから、スター選手だったことには間違いない。本人にとっては、もっと期待にこたえられた思いもあり残念であったと思うが、自身へチャレンジし続けたことは素晴らしいと思う。

今シーズン限りでの引退を決断いたしました。ご期待に沿うような成績を残すことができませんでしたが、最後まで応援してくださったファンの方々、本当にありがとうございました。約11年間、北海道日本ハムファイターズで最高の仲間とプレーすることができて幸せでした。

(日ハム公式HPより引用)

北海道日本ハムファイターズ (fighters.co.jp)公式HP

日ハムには、若いスター候補がたくさん所属しているが、このところなかなか活躍してくれない。

大谷選手のような大活躍は望まないものの、日本ハムファイターズの優勝に貢献し、日ハムファンにあらずば道民にあらずのような雰囲気を作るくらい北海道を盛り上げてほしいところだ。

大谷選手といえば、残り3試合を残すのみで、今シーズンの登板はない。

もう十分過ぎる活躍であるが、数少ないチャンスのものにしてホームラン王をゲットしてほしい。

期待するのは勝手だし、ホームラン王になれなくても、勝手にがっかりするだけだけど、夢を与えてくれる大谷選手はやっぱりスパースターだな。

夢も希望もないのが、雇われマスター岸田さんだ。

人柄も誠実そうで少し期待したが、早くもガッカリだ。残念だが、雇われの身であれば、オーナーの意向に沿うのは道理である。

今回、政治の世界の権力闘争とは物凄いことなのだと感じさせられた。

勝った者が正しい、まさに弱肉強食の世界。勝ち馬に乗らなければならない訳が分かった。

敗者はゾンビとなるとても恐ろしい世界に身はおけないが、いま試されているのは我々で、大谷選手同様チャレンジするチャンスは残されている。