まるぼーろを買いました

f:id:happy44:20211017135221p:plain

原油価格が高騰していることから、物流にも影響が出ているそうであるが、昨今の物流整備により、北海道にいながらにして、各地の商品を手にすることができる。

先日、スーパーマーケットで、九州フェアを行っており、げたんは、まるぼーろなどのお菓子を見つけた。

鹿児島に数年住んだことがあるだけだが、とても懐かしく思えて、まるぼーろを買った。

九州で見つけたお菓子で、子供達が食べていて、自分も好きになったのが、ボンタンアメだ。

そもそも、ボンタンとは、ズボンのことと思っていたくらいで、果物であることさえ知らなかった。実施にボンタンを食べたことは、1度もないが、ボンタンアメは、スーパーマーケットに行った際には、必ずと言ってイイほど、購入していた。

ボンタンアメのなんともいえない、歯触りと甘さが魅力だ。

虫歯の多い自分には、キャラメルは詰め物がとれてしまうおそれがあり、危険であるが、ボンタンアメなら、キャラメルほどの粘りはないので、安心して食べられた。

まるぼーろと聞くと、自分はなんとなく、たばこのマールボロを思い浮かべてしまうが、普通の感覚であるならば、まるぼーろと聞いて、ボーロのことを想像するであろう。

ボーロとは、ポルトガル語で、お菓子のことを意味するらしいので、名称に問題はないと思う。ただ、まるぼーろとボーロは名前こそ似ているものの、味も食感も異なる。

同様に、味も食感も異なるお菓子を紹介したい。それは、きびだんごである。

きびだんごは、岡山を代表するお土産である。形は、丸く柔らかいほんのり甘いだんごであるが、自分が子供の頃食べていたきびだんごは、長方形で、色は灰色で、キャラメルのような硬さで、歯に粘りつくねっとりした甘さのお菓子である。

左:北海道、右:岡山のきびだんご

きびだんごといえば、棒状のものをイメージしていたが、北海道人以外の人と話して、自分のイメージしていたきびだんごが、北海道だけのものだと分かったのは、大人といえる年齢に達してからだ。

岡山のきびだんごを食べたことはあるが、その時には、北海道のきびだんごとは異なることを承知していたので、驚きはしなかったが、自分には、北海道のきびだんごの方があっていると思った。

ボンタンアメが好きになったのは、歯に粘りつく甘い北海道のきびだんごに起因しているのかもしれない。