鍋の季節になってきました

f:id:happy44:20211020162149p:plain

すっかり寒くなってきました。

なべの季節になってきたといえるでしょう。

コロナ以来、なべも別々に作り食べています。

お陰で、具材は同じでも、異なる味を食べることができるようになりました。

妻は、辛いものが全くダメなので、自分もそれに合わせるしかなかったのですが、なべを別々に作るので、自分の好きなな味が選べるようになりました。

コロナで、食べる場所も離して黙食ですが、全然不便を感じません。

子供の頃は、食事中は、黙って食べなさいという感じでしたが、そのうちに、家族そろって、楽しく食事みたいなことになり、今は、コロナで、黙食となっており、世の中の流れによって、生活様式も変わるのだとつくづく思う次第です。

なべという料理(?)は、若い頃は、好きではありませんでしたが、慣れの問題だったのでしょうか、年を重ねるうちに、だんだんと好きになっていったような気がします。

サラリーマンをしていた頃、バブルがはじけた辺りから、宴会が少なくなり、極端に飲み会が減少していきました。

懐具合が、だんだんと悪くなってきたからなのでしょう。

飲み会がなくなった分、据えおかれていた給料でも、我慢することができたような気がします。

withコロナで、世の中どのように変わるのか、全く不透明ですが、日本や世界が大きく変わる時期に来ているのかも知れません。

衆議院選挙の投票券が届きました。自分では、世の中を変えれませんので、誰かに託すしかありませんが、渋沢栄一のような熱い人にお願いしたいところです。