頼りになる鼻孔拡大テープ、ブリーズライト

f:id:happy44:20211031165749p:plain

この間、息ができず、夜中に目が覚めた。

鼻が詰まり気味でであったが、人間は口呼吸が出来るので、呼吸しにくいと感じつつも眠りについた。

夢の中で、誰かと話していたのだが、だんだんと息が出来なくなり、会話することが困難となったため、ちょって待って!と言ったところで、目が覚めまた。

夢と現実は一致していることがあるのだと思った。死なないように、夢の方で、会話をやめて、息を整えるように、目覚めることを選択してくれたのだ。

色々と、体のあちこちに不都合がおきているが、とりあえず、まだ人生を楽しめということらしい。

また苦しくなり目が覚めると嫌なので、安心のためブリーズライトをつけて寝た。物理的に鼻孔を広げてくれたほか、気分的な効果もあり、夜中に目覚めるということはなかった。

以前、ブリーズライトの類似品の安さにつられて購入したことがあったが、プラスチック素材の反発力に比べ、テープの粘着力が弱く、鼻孔を全然広げてくれなかった。ブリーズライトのプラスチック素材の反発力が優れものであるし、テープの粘着性も、その反発力に負けない。

ただ、粘着力が強力なので、剥がすときに若干痛いし、肌が荒れそうなので、気になる時だけ利用している。

完全にカゼの症状が出てきれば、かぜ薬の出番になるのだけれど、カゼ薬を飲んだ時も、大変助かっている。