顔認識ができない

f:id:happy44:20211002223122p:plain

ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドは、007/ノー・タイム・トゥ・ダイで見納めということだ。過去にTVで放送された007/カジノロワイヤルを見たことはあったが、彼の名前を覚えるまでには至らなかった。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイが評判で、彼を認識することができた。調べてみると、アンジェリーナ・ジョリー主演のトゥームレイダーにも出演していたらしい。トゥームレイダーは、TVで何度も放送されており、見ている筈だが、彼のことは全く印象に残っていない。アンジェリーナ・ジョリーだけしか、見ていなかったのだろう。

ノー・タイム・トゥ・ダイを見に行こうかと思い、007シリーズ(カジノ・ロワイヤル、慰めの報酬、スカイフォール、スペクター)を復習したものの、結局、映画館へ足を運んではいない。

長い間、同じ役を続けていると、それが代名詞になり、役者として不利になったりすることもあるが、ダニエル・クレイグは、ナイブズ・アウトなど、順調な様子だ。

007とナイブズ・アウトの役柄が全然異なるほか、彼の演技力から、別人と思っても不思議ではないが、実は、テレビドラマのローマの隊長・ルキウス・ヴォレヌス役を、ズーッと007の主役が演じていると思っていたのである。

もともと、人の顔を認識することが苦手で、古くはモーニング娘の辻加護は、区別がほとんどできていなかったし、最近は、インスタでみる女性の顔が、化粧がパターン化しているのか、みんな同じに見えてしまう。

ルキウス・ヴォレヌス役は、ケヴィン・マクキッドが演じていたのだが、彼の代表作は、グレイズ・アナトミー 恋の解剖学やトレインスポッティングなどが挙げられ、最近では、トイストリー謎の恐竜ワールドのレプティラス・マキシマスの声を担当しているようである。

今回、ブログのお陰で、間違いに気付くことができたが、出来の悪い顔認識装置を更新するためには、もう一度作品を見直して修復する必要がありそうだ。