狐との遭遇

f:id:happy44:20211110171903p:plain

一般的には、キツネは、蔵王キツネ村か動物園くらいでしか会うことは出来ないが、夜に山道を車を運転していると稀に見かける。

日中に、住宅街をブラブラ歩いていたら、キツネに遭遇した。

一瞬、野良犬かと思ったが、間違いなく私の目の前を一匹のキツネが足早に通り過ぎて行った。

クマではなく、キツネとの遭遇で助かった。

今年は、街の中でクマが出没したとのニュースをよく耳にしたし、街中で通行人が背後からクマに襲われた事件もあった。

山の中以外で、クマに遭遇するとは考えてもいないが、最近は、油断できないところではある。

知床あたりでは、熊との共生が図られているようであるが、流石に日常的に熊やキツネなどの野生の動物に遭遇する地域は少ない筈だ。

多くは、人間と野生動物との間で棲み分けができているが、山に食べるものや住むところがなく、住宅街や町中に出没するようになったのだろうか。

以前から、環境破壊などについていわれてきていたが、ここにきて、環境を守るため代替エネルギーへ舵が大きく切られ、ガソリン価格などが高騰している。

環境活動家によると、まだまだ十分ではないらしいが、TBSドラマのように関東沈没だけならば、他の地域に住むところができるが、宇宙へ移住しなければならないとしたら、もうおしまいだね。