根室からチャンピオン

f:id:happy44:20211116220616p:plain

近代五種というスポーツは全く知らなかった。東京オリンピックで、馬虐待で話題になったので、近代五種があることを知った。先般の近代五種の全日本選手権で、根室市の中学生太田選手が優勝した。

近代五種は、キングオブスポーツと呼ばれているというが、日本では競技人口が少なく間違いなくマイナースポーツである。

フェンシング、水泳、馬術、射撃、ランニングの五種目で競うのだが、水泳とランニング以外は、一般的ではないと思うし、この5競技をやること自体が、チャレンジといえる。

やってみようと思っても、フェンシング、馬術、射撃は、練習場所を確保するのが大変そうであり、5つの競技をバランスよく練習することは非常に困難に思える。

例えば、失礼ながら、フェンシングも、マイナー競技であると思うが、練習場や練習相手を確保できるのであろうか。しかも、人口が多いとはいえない根室である。

決して恵まれている環境で練習しているとは思えないが、根室で工夫して頑張り、14歳にして、とても大きなことを成し遂げた。

東京オリンピックの近代五種で、馬虐待が世界中で話題となったが、このことで、馬術が近代五種から除外されそうな雰囲気である。

折角、頑張って全日本のチャンピオンになったのだが、競技種目が変更されると、調整するのが大変であろう。馬術よりも取組みやすい競技に変更となった場合、チャレンジする選手が増え、チャンピオンの座を守ることができなくなる恐れだってある。

仮に、対象競技やルール変更があったとしても、田中選手はまだ若い。トップアスリートとして、頑張ってきた経験は、これからの競技人生にも大いに役立つであろう。

今後も、根室からの活躍を期待したい。


【ふるさと納税】【12月12日決済確定分まで年内配送】[北海道根室産]花咲がに姿1.5kg×1尾 C-01023