おいしたのし

f:id:happy44:20211118200937p:plain

孫の身体的な成長は順調なようで、抱っこするのがしんどくなってきた。

好き嫌いがあるようだが、今のところ、問題はなく、これからも、よく食べてよく遊んで、元気に過ごしてほしいと思う。

滑舌の方も一言だけだったのが、二言喋れるようになり、機嫌のよい時は歌を唄ってくれて、おいしおいしたのしいと口ずさんでいた。

なんという歌かなと聞いても、おいしおいしを繰り返すのみで、曲名が思い浮かばず。頑張って調べたら、しなぷしゅの「マンマのうた」と判明した。

中学受験を舞台にした2月の勝者というTV番組で、父親の資金力と母親の狂気という科白が気になった。

孫は、まだ塾へ行くことは必要としないが、人間は、環境に左右されやすいと思っているので、現状では、前途洋々とはいい難い。

保育園は、転園しており現在は2つ目の保育園である。以前の保育園では、英語なども教えてくれていたのだが、今の保育園は、全くそうした教育は行っていない様子だ。

残念ながら、保育園は、市の方で割当てるので、希望は出せるが選択権はないらしい。いやなら、幼稚園に入れればよいが、可能な家庭環境でもないし、資金力もない。

現在、飛ぶ鳥を落とす勢いの将棋界の藤井聡太四冠は、5歳の時に将棋教室へ入会したそうだ。

子供の特性を見極めてあげなければならないが、子供は色々なことに興味がある筈なので、きちんと対応してあげれば、どんどん成長する筈である。

バレエ、ピアノ、水泳、体操教室、英語教室、アイスホッケー、乗馬などなど挑戦してほしいが、教育にはお金がかかる。

子供の教育は、課金ゲーム的で、資金力と狂気が必要といえるが、美味しく食べれる健康こそが1番だよな。