諦めを悪くする

f:id:happy44:20211202145051p:plain

股関節を柔らかくしたいのだが、本気度が不足しているため、全然柔らかくならない。

股関節が硬いとどのような不都合があるかは、知らないのだが、昔から、色々な人が柔らかくするように言っていたので、柔らかい方がいいに決まっている。

BB新庄も、体は固いが、股関節は柔らかいと言っていたような気がする。

若い頃から、股関節を柔らかくすることは、大きな課題だったのだが、自分に甘い根性なしなので、全然改善されていない。年を重ねるごとに、体も股関節もどんどん固くなっている。

180度開脚出来るようになりたくて、また裂き用の道具を買ったことがあるが、思った効果はなかった。

乗馬でも、股関節を柔らかくしてくださいと言われていた。乗馬後に、股関節が痛くて歩けないということはなくなったが、決して、柔らかくなったわけではないと思うし、時々、股間を前橋にぶつけるもあり、乗り方がうまくなった訳でもない。

コロナと同じで、検証が不十分であるが、ここ最近は、股関節よりも、足首を柔らかく使うように言われることが多い。これについては、身体的な問題ではなく、鐙を踏んでいる足首に、力が入り過ぎているという技術的な問題と指摘を受けている。


タキミカ体操~日本最高齢インストラクターの「心まで若返る」生き方レッスン~ [ 瀧島 未香 ]

ともかく、身体的な衰えを、カバーしたいとは思いつつも、ネガティブではないのだが、人にも甘く、自分にも甘い性格のため、自分を律することができない。

トレーニングしようと思っても、3日坊主だから、トレーニングジムへ行くべきなのだが、そんな根性もない。

楽してナイスボディを手に入れられる筈がないことは、百も承知なのだが、掛け声ばかり。65才からでも、成し遂げたスーパーガールもいるのだから、1/100のくらいでも見習いたいものだ。

股関節を柔らかくする前に、まずは、乗馬を止めずに継続するということだが、大事な鞭が行方不明になってしまった。いろんなところを探しているのだが、見つからない。自分に鞭打ってでも頑張らなきゃいけないのに、鞭がないなんて、先行きが思いやられる。


長鞭 細目・軽量タイプ /乗馬用品・馬具・鞭・ムチ

 

happy44.hatenablog.com