支出を抑える

f:id:happy44:20211207213741p:plain

張りのある老後生活のためには、好きなことをするのが一番であるが、あれもこれも手を出すという訳にもいかない。

 

劇団四季のアンドリュー・ロイド=ウェーバーコンサート~アンマスクド~は、全国12都市ツアーで、札幌でも開催されることから観に行きたいと思ったが、何とか思いとどまることができた。

ライブで歌を聞くというのは、非常に楽しみで大好きなのであるが、リタイアした身では、支出にもシビアに優先順位をつけなければならない。

特に、劇団四季は、歌って踊れるというミュージカルが、どんなにか素晴らしものかを教えてくれ、身近にしてくれたし、キャッツさまさまであったが、ライオンキングなども楽しませてもらった劇団四季のツアーがあるのに、我慢しなければいけないのは、悲しいがやむを得ない。

ライブに足を運んで、音楽を楽しむということを、自分の中で封印する時がとうとう来てしまったようだ。

お金をかければ、楽しいことがいっぱいの東京は大好きであったが、地方も、お金をかけないと、楽しめるものはない。これから、少しづつ支出を圧縮することに努めなければならなくなった来た。

お金をかけないで、楽しむ方法としては、図書館を利用することだと思うが、あまり本を読むのは好きではないし、面倒である。

電気代はかかるが、TVを見て過ごすのもありかと思う。ただ、ズーッとTVをみてしまうと、体に悪そうで怖い。

色々なことを我慢したくはないが、無い袖は振れないので、厳選してお金を出さざるを得ない。

年金があるから大丈夫みたいに言われ続けてきて、急に、老後資金は2,000万円といわれてもと、軽く毒を吐きたい気分にはなる。