しまうま写真でプリントしてみた

f:id:happy44:20211209201005p:plain

以前は、デジカメで撮って、カメラのキタムラへ行ってプリントしていたりしていたが、腕が悪いし、マメではないので、デジカメを使わなくなって久しい。

最近のスマホは、カメラが高性能で適当に撮影しても、綺麗に映るしいつも携行しているので、撮りたい時にとれるのが良い。

デジカメと異なり邪魔にならないので、非常に便利だ。

スマホは、画像をいつでも見て楽しめるので、プリントすることはなかったのだが、12月になったので、あらためて、今年撮った写真を眺めていたら、孫の写真をちょっとプリントしてみようという気になった。

スマホから、プリントしたことがないので、どうすべきか色々考えて、コスパが良いと評判のしまうまプリントにすることにした。

プリント代が、L版のしまうまオリジナルプリントで8円とリーズナブルだったことに加え、昔、2度ほど、フォトブックを作ったことがあったが、十分満足できるレベルであったことも、大きなポイントだった。

スマホにアプリをダウンロードしたのち、以前登録していたIDとパスワードを入力したのだが、IDは、現在使用していないメルアドで、パスワードも忘れてしまったいた。

これなら、しまうまプリントにする必要もないと思ったが、勢いのまま、新規に登録したうえで発注した。

プリント枚数は、それほど多くはなかったので、安さにこだわる必要もなかったのだが、届いた写真のクオリティも十分であり、送料(メール便)も99枚以下で110円(100以上は無料)とお得だと思う。

アプリの操作も簡単なので、わざわざ、お店に出かけて行なかくても、自宅で注文し、写真を受け取れるのがいい。

しまうまプリントのクオリティは、十分であったのだが、妻に、もっとましな写真はないのかと、ダメ出しを喰らうとは思わなかった。

高性能のスマホも、写真構図などセンスにかかわる部分までは、カバーしきれないよな。

www.n-pri.jp