クルマは快適な移動手段

f:id:happy44:20211208171134p:plain

伊藤かずえさんのシーマのレストアが完了した。旧車を乗り続けるというのは、カッコいい。途中から、購入して乗り続けるのもカッコいいが、新車から乗り続けているところが、それを上回るカッコよさである。

初代シーマは、当時、500万円もする高級車で、燃費はリッター4kmだそうである。維持費を気にする自分のような人間には、縁のない車だ。

高騰していた、ガソリン価格は、このところ、若干落ち着いてきた様にがうかがえるが、脱炭素時代にあわせ、ハイブリッドかEV車へ乗り換えたいところである。

北海道で、車の運転を考えると、4WDのハイブリッド車を欲しいと思う人は、自分以外にもいると思うのだが、欲しくても車種やグレードが限定されてしまう。

特にミニバンは少ないので、2022年1月に発売になるノア、ボクシーに、4WDのハイブリッドが設定されるようで、非常に気になるところである。

自分の運転頻度を考えると、買い替えるメリットは、地球に少しやさしく出来ることと、安全性能が向上している点を享受できることであるが、懐具合にそんな余裕はない。

一目ぼれするようなデザインなら、買い替える可能性はない訳でもないが、最近の車のデザインは、ピンとこないし、納期も相当かかるであろうから、購入することはない。

1年以上も長期間納車を待てるような人は、車を指定して買うような人だから、購入時に相見積もりなどしないし、燃費なども気にしないのであろう。

結局、自分にとっての車は、快適な移動手段でしかないのだが、hacettoの国産車プレミアムコレクションに登場するようなフォルムのカッコいい自動車は好きなんだな。

 

京商 1/18 日産 シーマ ハイブリット 2015 ホワイトKyosho 1:18 Nissan Cima Hybrid 2015 white

価格:44,800円
(2022/7/22 13:29時点)