大量の雪は困りもの

f:id:happy44:20211218143139p:plain

今朝、車の上に大量の雪が積もっていました。

車で出かける必要があったのですが、予想以上に雪下ろしに時間がかかってしまいました。

車内に置いておいた氷解スプレーが、使えなくらい冷えており、車内の温度もなかなか上がらない状況でした。

寒冷地仕様の車なのですが、今日のような極寒の天候には、シートヒーターとハンドルヒーターが欲しいところです。

車内が温まっていなくても、シートヒーターやハンドルヒーターが付いていれば、落ち着いて運転に集中できると思うのですが、残念ながら、マイカーには装備されていないので、凍えながら運転しました。

ある程度走り出して、車も温まってくると、改善されるのですが、そのちょっとの間、寒さに集中力を奪われ事故でも起こしては大変です。


【送料無料】コンパル 軽量 伸縮式 スノーブラシ スポンジ F型 72〜120cm[雪下ろし 車 スノッキー スノーワイパー 棒 霜 除雪 道具 車載]

バックフォグがないので、吹雪で前も見えない状況から、市内の移動ゆえに追突されるのではないかと、ちょっと心配になってしまいました。また、道路に家庭で除雪した雪がこぼれ出て、それが段差となって非常に走り難いことも、不安を感じる要因でした。

さすがに遭難することはないと思っていましたが、過去に、峠越えした時は、吹雪で前が見えないうえ、道路がどこかもわからず、前のクルマのテールランプを必死に追いかけて走ったことがあり、吹雪での運転は、本当に神経を使います。

高級車には、シートヒータやハンドルヒーターなどの快適装備が全部盛り込まれていると思うのですが、大量の雪が降ることは滅多にあることでもないので、そのような車を所持することは出来ず、特別な用事がない時以外は、無理せず外出しないのが一番です。

これだけ雪が降ってしまうと、亀の子になる恐れもあり、車高の高い車が欲しいところですが、ミニバンだと、デリカD5一択になってしまい、デリカD5の人気の高さが分ります。

まあ、普段は除雪も行き届いており、それほど心配する必要はないのですけどね。


《 新車 ミツビシ デリカD5 4WD 2200 P 7人乗り/8人乗り 》