空飛ぶ豚のお話を真面目にみた

f:id:happy44:20220215223503p:plain

ジブリは、家族揃って大好きなのだが、自分はそうでもない。ディズニ作品よりは、好きであるものの、きちんと見たことはない。

先日、紅の豚を何かしながらではなく、真面目にみて豚さんはカッコ良かったが、映画は、何となく好きにはなれなかった。

また、ポルコとジーナ声を聴くたびに、森山周一郎、加藤登紀子の顔が思い出されたことも、興醒めした一因かもしれない。

そもそも、自分の好みのアニメの傾向とは異なるからであろう。

妻が孫のために買ったトトロの本をみていたら、大人はトトロが見えない設定であることをはじめて知った。へぇ~そうなんだと驚いてしまったが、ぼーっと見ていたんだなと改めて思った。

わが家では、天空のラピュタが1番人気のようであるが、自分が強いて挙げるとすると、もののけ姫であろう。

もののけ姫は、VHSテープをお店で購入したので、見ようと思えば、いつでも見れるのだが、自分は1度見たきりで、ストーリーも、なんだかよく覚えていない。

何故、購入したのかも覚えていないが、当時人気過ぎて、映画館に行くのが面倒であったからかも。米良さんのCDも購入したから、やっぱりミーハーなんだな。ミーハーなんてもはや死語か。