夕食はにしん

f:id:happy44:20220220222605p:plain

夕食は、身欠きにしんであった。

子供の頃、にしんという魚は、小骨が多いし美味しいとは思わなかった。

そもそも、魚は大人になってから好きになったような気がしている。子供には、分り難い味なのだろうか。ニシン、カジカ、さんま、サバ、カレイなど食卓に出てきたが、鮭とホッケ以外は、好きではなかったような気がする。今では、肉より魚だけどね。

修学旅行で、名物といわれているニシン蕎麦を食べたのだが、感想としては???で、名物に旨いものなしとはよく言ったものだなと思った。しかもニシンを甘辛く煮る手間がかかるためか安くはなかった。

スーパーマーケットでにしんの刺身が買える時代なのだから、もはや無理に甘辛く煮て食べる必要がないようにも思える。

ニシン蕎麦を食べることは、二度とないと思っていたが、ドライブで江差へ行った際に、昼食を食べようと思ったところ、思いもかけず、メニューにニシン蕎麦があったので注文してしまった。

大人になって味覚が変わったのだろうか、以外に美味しいと感じたが、コストパフォーマンスが良いとまでは思えなかった。

にしんを食べるなら、身欠きにしんか、今なら小骨も気にならないので、一匹焼いたにしんもいいし、刺身や鰊の飯寿司などもうれしい。といいつつ、何でもよいのだ。