時計の電池交換をしてみたが失敗した

f:id:happy44:20220313173137p:plain

現在の腕時計は、ソーラー機能が付いているが、電池切れの腕時計が3個あったので、電池交換に挑戦してみようと思いたった。

ネットで電池交換方法について学んでみると、裏蓋をネジで止めているタイプの時計は簡単そうで、自分にもできそうに思えた。

止まっている腕時計3個のうち1個は、ネジ止めであったので、これを動かすことに決め、ネジを外し中の電池を確認したうえで、電気店へ向かった。早速、帰ってきて電池交換に取り掛かったのだが、上手くいかない。電池の入れ方が悪いのかと思い、何度か入れたり外したりしてみたが、長い間、放置していたので、電池がうまく接続しないののであろうかピクリとも反応しない。他の腕時計で同じ電池が利用できれば、500円弱の電池代は無駄とはならないのだが。

そもそも、電池交換していなかったのは、時計自体がとてもお値打ちで、電池交換するよりも、別の時計を買った方が経済的と考えていたからであり、今回、図らず電池交換せずに、時計を買い替えた方が正解だったことが、証明された形となった。

ただ、高級な腕時計や思い入れのある腕時計は、電池交換や時計バンドを交換し使うのが正しく、自分が使ってきたようなチープな腕時計は、買い替えた方が良いだろう。

現在、使っているGショックは、特に思い入れがある訳ではないが、ソーラー充電だから電池交換が不要で、時計を買い替えるよりも、劣化したバンド交換した方が安いから、2~3回ほど交換して使っている。

今回電池交換が上手くいっていたら、乗馬専用にするつもりだったGショックは、引続きオールマイティーに活躍することになる。

<
G-SHOCK 電波 ソーラー 電波時計 AWG-M100 アナデジ 腕時計 カシオ Gショック ブラック