野球が気になってきた

BIGBOSSのインスタライブを見てから、ちょっと気になってTV中継を見てみた。TVで野球を見るのは、大谷翔平のオールスター以来のような気がする。

野球は9イニングもあり、とても楽しめるように思うが、自分的には、ちょっと長すぎる。TV中継は、1イニングから9イニングまで放送されるのではないが、それでも長く感じてしまう。基本的に、野球が好きではないからだと思う。でも、このところ、気になってTVのスイッチを入れている。

日ハムは選手が固定されておらず、多くの選手にチャンスを与えることで、いい意味でチームが盛り上がっているし、常識にとらわれないところが魅力的である。

チームの戦略が裏目に出ることもあるが、上手くハマった時は気分が盛り上がるし、ダメでも、チャレンジしているところが素敵だ。また、ダメだったら交代するという訳でもなく、選手を育成個性が引き立つような取り組みがされているように感じた。

常勝を義務付けられているジャイアンツなどのチームでは、戦力となる使える選手を優先して、ダメなら切ってしまうかもしれないが、野球を知らない人間には、勝つ野球よりも魅せる野球の方が面白い。

TV観戦した試合では、いい場面で清宮選手に打順が回ってきている印象だった。やっぱり、なにかしらの巡りあわせがあるのかも知れないと思った。

BIGBOSSが甲子園に凱旋ということで、甲子園には観客が沢山詰めかけたようだ。

常識にとらわれないBIGBOSSを快くないと思っている人もいるだろうが、色々なプロスポーツがある中で、野球を知らないファンを取込むBIGBOSSには、永遠にプロ野球にいてほしいが、せめて、日本一になるまで日ハムに留まってほしいね。